FPとは?暮らしとお金のスペシャリスト・ファイナンシャルプランナー

FPとは、暮らしに関わるさまざまなお金に詳しい専門家のことで、その幅広い知識で、私たちのライフプランニングの手助けをしてくれます。これまでは金融業界で活躍するFPが多かったのですが、保険や税、不動産に関する幅広い知識を持っているため、さまざまな業界から求められています。

FPは、暮らしとお金のスペシャリスト

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

FPとは、暮らしに関わるお金についてとても詳しいスペシャリストのことで、多くのFPは、国家資格である「ファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)」の資格を持っています。FPは、その幅広い知識を使って、主に個人の顧客のライフプランニングに関する相談業務を行っています。独立して働く著名なFPもいますが、企業に所属して働いているFPが多数派です。金融業界以外にも、不動産や福祉関連など、幅広い分野で活躍しています。

FPにライフプランのことを相談する

ライフプランとは、将来どんなライフイベントがあるのかを考えつつ、人生という長期的な視野で計画を立てることを意味します。住宅購入や、子どもたちの大学入学、老後の生活など、人それぞれ、思い描いている人生は異なります。FPは、主に個人の顧客のライフプランを、顧客を取り巻くさまざまなことを考慮しながら、立案、提案する仕事です。FPは、お金に関する幅広い知識を持っているので、長い人生を設計する、その相談相手として適任です。

ライフイベントにはお金がかかる

ライフイベントにはとにかくお金がかかります。たとえば結婚。結納や婚約、結婚式、そして新婚旅行まで含めると、その総額は400万円を超えます。子ども一人を大学まで通わせることを考えると、その総額はおよそ1,000万円。住宅を購入するとなると3,000万円から4,000万円程度のお金がかかります。このほかにもお金のかかるイベントはたくさんあります。しかし、これだけのお金をどうやって捻出すればいいのか、素人にはわかりません。将来のことを考えると、漠然とした不安を覚える方も多くいらっしゃいますが、FPに相談することで、その不安は、目標をしっかり見据えたプランに変わります。将来に向けての家計の不安は、FPに相談しましょう。

将来について考えることは大切

人それぞれ、思い描く将来は異なります。自分がどのような人生を送り、その人生にはどれぐらいのお金が必要なのか考えてみましょう。自分の生涯を設計するには、お金に関する知識が必要です。漠然とした「夢」のようなものだった将来の展望は、設計することで、より「現実的」に見えてきます。FPに相談することで、どう生きれば夢を現実にすることができるのかわかります。

FPに相談可能な内容

家計についてFPに相談してみたいけど、今ひとつ踏み切れない、もしくは何を相談したらいいのか整理がつかないという方は、これからご紹介する相談内容を参考にしてください。このような悩みを抱えているなら、アドバイスをするのはFPの仕事です。

・家計の収支、家計の管理
・資産運用の方法
・住宅の購入や住宅ローンについて
・生命保険
・年金や老後の生活設計
・資産運用の方法

本格的にFPに相談する前に、無料の体験相談会に参加してみてもいいでしょう。このような無料相談会は、FPの団体が、全国の主要都市で、不定期に開催しています。

FPの資格と魅力

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

FPは21世紀に入ってから、技能検定として認められた、比較的新しい資格です。しかし、その前身的な資格は1980年代から民間資格として存在していました。現在は国家資格として1級から3級の「FP技能士」の技能検定を、「日本FP協会」「金融財政事情研究会(きんざい)」という2つの団体が行っています。
3級FP技能士の検定は、どちらの団体でも共通の内容ですが、2級では学科の内容は同じものの、実技試験の内容が異なります。日本FP協会では、実技試験は「資産設計提案業務」だけですが、きんざいでは「個人資産相談業務」「中小事業主資産相談業務」「損保顧客資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」の選択式となっています。1級に関しては、受験プロセスの違いなどもあるため、ここでは触れませんが、相対的に「日本FP協会」が行う検定のほうが合格率が高く、難易度的にも易しいと考えられています。資格としての重みはまったく同じなのですが、受験料も異なる(日本FP協会のほうが高い)という、少し複雑な国家資格です。

将来性を重視するなら日本FP協会に魅力

難易度的に易しいとされる日本FP協会が行う検定ですが、将来性という面でも有利です。日本FP協会で2級FP技能士の試験を受ける場合、AFPという民間資格を取得する必要があります。このAFPは、日本FP協会が指定する認定講座を修了することで取得可能で、さらに2級に合格した後は、CFPという民間資格を受験することができます。このCFPは、北米やヨーロッパ、オセアニア、アジアなど、世界中の国と地域で認められているFP資格のグローバルスタンダードです。このCFPは、日本FP協会で1級を取得する場合はマストの資格になりますし、また世界に出れば、日本国内資格であるFP技能士の資格よりも、CFPのほうが「通用する」資格です。きんざいでは、このようにグローバルな資格を扱っていないので、将来性を重視するならば、日本FP協会の検定を受けたほうが有利だといえます。

日本FP協会の2級実技試験について

ご紹介したように、FP技能士3級と2級の学科については、両団体とも同じ内容で試験が行われます。実技の内容は異なるので、これから就く職種のことを考えて、受験する必要があります。
ここからは、多くの人が選択するであろう、日本FP協会で行われる2級実技試験についてお話しします。日本FP協会で行われる実技試験は、「資産設計提案業務」です。この実技試験で問われるのは、
・関連する法律や職業倫理を考慮したファイナンシャルプランニング
・そのプロセス
・顧客の経済状況の分析、評価
・すべてをふまえたうえでの検討とアドバイス
です。2級の実技試験はマークシート方式ではありません。筆記試験です。たとえば「保険証券の読み取り」「不動産情報の読み取り」「相続税の計算」などの設問があり、複雑な計算などもありますので、計算機の使用が認められています。設問数は40。6割正解が合格ラインですので、24問正解すれば合格ということになります。

FPになる準備は通信講座で

忙しい社会人にとって、2級FPを独学で目指すのは少々大変です。日本FP協会の認定する通信講座なら、修了することで2級の受験資格を得ることができるのでおすすめです。講座を修了し、2級FP技能士の検定に合格することで、同時にAFP資格を得ることができます。このAFPは、日本FP協会が認定する民間資格ですが、FPとして必要な知識と顧客の状況に応じたプランニング能力を持ち合わせたスペシャリストとして認めるものになっています。その後にFPとしての実務経験を積むことで、グローバル資格のCFP取得にもつながる資格だといえます。
通信講座を選ぶときに大切なのは「サポート態勢」の有無とその内容です。通信講座は半分独学のようなものなので、学習を続けるには、それなりのメンタリティが求められます。また、テキストや動画などの内容でわからないことがあった場合、いつでも質問できるスタッフの存在はとてもありがたいものです。通信講座によっては、このようなサポートが限定的なものもありますので注意が必要です。